脱毛

【脱毛器の3つのデメリット】購入する人は予め知っておこう

家庭用脱毛器がほしいけど、デメリットも知っておきたい。

本記事ではこのような悩みを解決します。

 

スポンサーリンク

 

【脱毛器の3つのデメリット】購入する人は予め知っておこう

 

脱毛器を購入する前に、家庭用脱毛器のデメリットもあらかじめ把握しておいた方がいいでしょう。

それではみていきます。

 

家庭用脱毛器の仕組み

まず、家庭用脱毛器の仕組みについて簡単に説明します。

家庭用脱毛器の多くが光脱毛器です。

※一部レーザータイプもありますが、照射範囲が狭すぎること、医療に比べて威力が低すぎることからここでは課使いします。

多くので脱毛サロンでも、この光脱毛を採用しています。

 

脱毛サロンと家庭用サロンでの脱毛の違いは、「照射パワー」にあります。

 

しかし最近では、サロン監修の脱毛器が多く出ており、

脱毛ラボのようにサロンで脱毛を受けるのとと同等のパワーの家庭用脱毛器も販売されています。

 

光脱毛器には以下の特徴があります。

  • 減毛できる(永久脱毛ではない)
  • 痛みが少ない
  • コストが低い
  • 短時間で終わる
  • 太い毛に効果大

 

光脱毛器は、黒いメラニンに反応し、毛根に熱を加えてダメージを与えるIPL方式を採用しています。

 

これにより、以下の効果が得られます。

脱毛器の効果

  • 毛が生えにくくなる
  • 早く効果が表れる

 

永久脱毛ができるのは医療脱毛だけですが、痛いのと、コストも高いので

半年に一度ほど、気になる毛を処理するくらいなら問題ないという人は、脱毛器で十分ですね。

 

 

脱毛器のデメリット1:使い方を誤るとやけどすることがある

脱毛器のデメリット1:使い方を誤るとやけどすることがある

 

家庭用脱毛器を使用するときは説明書をしっかり読みましょう。

家庭用脱毛器の中には、

  • 使用の前後に冷やさなければならないタイプのもの
  • ただ光を照射するだけで他のケアが不要なもの

 

等、商品によって使い方が若干異なります。

 

そのため、説明書をよく読まずに使用すると、

  • 本来脱毛器使用後に冷却が必要なのに失念したり
  • VIO対応脱毛器でないのにVIOに使ったり

と、誤った使用をして、肌にやけどをする人もいます。

まず、説明書をしっかりと読みましょう。

 

 

脱毛器のデメリット2:どの脱毛器を選べばいいかわからない

 

脱毛器にはたくさん種類があり、どれを選べばいいのか迷う人が多いと思います。

しかし、安価な脱毛器の多くは海外産の不良品のことが多いので、ちゃんと効果があり、長く使えるコスパの良いの脱毛器を選ぶ必要があります。

 

Amazonなどで9000~30000円ほどの、安価な脱毛器がたくさん出回っていますが、

購入は控えた方がいいでしょう。

 

しっかり効果のある脱毛を、安全に使用したいならば、ある程度の投資は必要です。

 

その理由は、

  • まず、説明書が中国語や英語、怪しい日本語で書いてあるのでよくわかりません。
  • そして、壊れやすいです。
  • 更に、保証もあるのかどうか実際は怪しいです。

⇒脱毛器の選び方はこちら

 

CIAN
過去私も安さに惹かれて、安い脱毛器を購入しました。

結果、3回で動かなくなり、サポートセンターに連絡したら外国語でまくしたてられ、泣き寝入りをした苦い経験があります。

 

また、人気メーカーの脱毛器の中古品や偽物を購入してのトラブルも後を絶ちません。

保証もなく泣き寝入りすることになるので、必ず公式から購入するようにしましょう。

 

少し高額に思うかもしれませんが、良い脱毛器を選べば、サロンに通うよりコスパが良く

きちんと使えば効果もあるのでので、機能を比較してしっかり選びましょう。

 

⇒おすすめの脱毛器はこちら

 

 

脱毛器のデメリット3:やり方が分からなくて不安

先ほども少し触れましたが、脱毛器の使用方法は商品によって若干異なっています。

しかし、脱毛器の使い方は拍子抜けするほど簡単なので安心してください。

 

それではみていきましょう。

 

脱毛器のやり方は基本的にとても簡単

脱毛器のやり方は、基本的にはとても簡単です。

  1. スイッチを押して電源を入れる
  2. 照射強度を選ぶ
  3. 肌にあてる

上記の過程の前後に、「肌を冷やす」、「ジェルを塗る」などの工程が入るものが一般的です。

熱を浴びるので、肌を冷やすという工程はめんどくさくてもしっかりやりましょう。

 

脱毛ラボであれば、冷やすことすら不要なのでスイッチを入れてあてるだけでOK。

冷やしたりジェルを塗るのさえ面倒な人は、脱毛ラボを買っておけば間違いないでしょう。

脱毛ラボホームエディションを一番安くお得に購入する方法【2020】【家庭用脱毛器】

 

【注意】脱毛器はほくろに使用できません

脱毛器はほくろに使用できません

 

脱毛器を医療レーザーと勘違いして、

「脱毛器でほくろが薄くなる」

「ほくろが取れる」

と思って使用している人がいるようです。

 

しかし、ほくろはメラニンが多く、脱毛器の光を吸収してしまうので、逆に悪い影響を与えてしまいます。

脱毛器を当てるときは、必ずほくろを避けて使用するようにしましょう。

 

脱毛器は毎日使える?やりすぎは禁物。適正な頻度は?

脱毛器の使用頻度ですが、商品によって若干異なるので説明書をしっかり読みましょう。

 

脱毛器は毎日使えると思っている人もいるようですが、やりすぎは禁物です。

強い照射パワーで毎日脱毛器を使用したために、肌が炎症したという人もいます。

 

使用頻度はしっかり守りましょう。

 

CIAN
焦って毎日使用しても効果に変化はありません。

決められた頻度で脱毛しても十分早く脱毛できるので、脱毛器はやりすぎないようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

予め脱毛器のデメリットを知っておき、以下のポイントを押さえておけば、

サロン脱毛や医療脱毛含め比較検討ができますね。

ポイント

  • しっかり説明書を読んで使用する
  • 毎日使う、やりすぎるなどルール以外のことはしない
  • 安物や偽物に手を出さない

脱毛器は、この3つさえ守れば、非常に快適で効果が高くコスパの良い買い物です。

最近では、VIOに対応した脱毛器も出てきています。

 

「多忙でサロンに通えない、脱毛の予約が取れない」

などのストレスからも解放されますので、一度使ってみても絶対に損はないアイテムだと思います。

 

 

▼▼▼「やっぱり脱毛サロンで、プロに脱毛してもらいたい」という人はこちら

 

【最新版】おすすめの脱毛サロンランキング【脱毛サロン選びを失敗したくない人向け】

広告

-脱毛

Copyright© Anti Aiger アンチエイジャー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.