ダイエット

【ファスティングとは】ファスティングとプチ断食の驚くべき効果と、そのやり方について

ファスティングって最近よく聞くけど、断食のこと??正しいファスティングのやり方は?断食をするとどんな効果があるのか知りたい。

本記事では、このような質問に答えます。

 

最近、「ファスティング」が何かと話題になっていますね。

ファスティングとは日本語で「断食」を意味しており、「プチ断食」という言葉もよく聞くようになりました。

 

主にファスティングのやり方は様々ですが、酵素ドリンクを飲みながらやるものが主流となっていますので、いわゆる「絶食」とは異なります。

本記事では、ファスティングとは何か、その意味や効果、ファスティングを行うことで起こる体の変化、などについて解説していきます。

 

この記事の信頼性

CIAN
管理人(CIAN)は、3年間から年に2回ほどファスティングをして、体内をデトックスしています。

また、風邪や腹痛など調子が悪いときには、半日ほどのプチ断食を行うことで、体のコンディションを調整しています。

今回は、ファスティングやプチ断食のやり方や、ファスティングやプチ断食でで得られる効果について、実体験をもとにお伝えしていきます。

なお、以下の人は、ファスティングを行う前にお医者さんとご相談下さい。

✅低血糖の人

✅貧血気味の人

✅その他、基礎疾患があり食事指導をされている人

 

スポンサーリンク

 

ファスティングとは?プチ断食との違いは?

結局ファスティングって何?ファスティングとプチ断食、どう違うの?

それでは見て行きましょう。

 

>>【最新版】おすすめの酵素ドリンクランキング【ファスティング初心者向け】

 

 

ファスティングとは?

 

見出し(全角15文字)

ファスティングとは、英語「fast(断食、絶食する)」の名詞形です。

朝食を意味する「BreakFast」は、「断食をやめる」を意味します。

 

元々このファスティングは、宗教的儀式や修行の一環として行われておいたようですが、

現代でのファスティングとは、病気の治癒、健康増進、ダイエットを目的とした断食をすることと定義づけられています。

 

何故ファスティングが注目されたかというと、現代の「生活習慣病」といわれる病の多くの原因が、

「食べ過ぎ」に起因するものだからです。

 

ファスティングを実行することで、日々休まず働き続けている胃腸など消化器官を休ませ、それにより、体内に溜まった有毒物質を排出します。

 

そのため、「デトックス効果」が得られ、ダイエット効果はもちろん、体内を健康な状態に戻すことができます。

ファスティングの期間や、やり方は様々でですが、自分の体調や目的に合わせた断食を行うことが大切です。

 

ファスティングとプチ断食の違いは?

ファスティングとプチ断食との違いは、日本では主に以下のように解釈されています。

ポイント

✅「ファスティング」・・・「準備食~ファスティング~回復食」の期間を含め、5日~10日間のスパンで実施するもの。また、「ファスティング」は断食期間に酵素ドリンクを飲み、必要な栄養素をとりつつデトックス効果を促進するというやり方が主流です。

✅「プチ断食」・・・「朝食を抜く、一日一食を実行する」、など、手軽に実行できるものを意味します。そのため、酵素ドリンクを使用したほうがベターですが、短期間のため酵素ドリンクなしでも実施できます。

 

大きな体の変化や効果を得られるのはファスティングですが、最低5日ほどの期間を要することから挫折する人が多いです。

 

プチ断食は、半日からでも可能ですが、ファスティングほどの劇的な効果は得られません。

しかし、健康維持やダイエットには十分に効果があることが分かっています。

 

スポンサーリンク

 

ファスティングとプチ断食で得られる5つの効果

ファスティングやプチ断食をするメリットって何?どんな効果があるの?

 

このような質問に答えます。

実際、ファスティングやプチ断食でどのような効果が得られるのでしょうか?

一緒に見て行きましょう。

 

1.ダイエット効果

多くの方がファスティングに取り組む理由は「ダイエット」です。

 

そもそもファスティングの最大の目的は、食べ過ぎで溜まった体内の余分なもの(=体毒)を取り除くことです。

いわば、ファスティングはその毒素を取り除く、体の大掃除です。

 

そして、その毒素は私たちの体に、脂肪という形でも蓄積しています。

そのため、ファスティングを行うことは、ダイエットに大変適しています。

 

 

2.体質が変わる【自己治癒力が高まる】

ファスティングや断食は体の大掃除といいましたが、内臓を休ませることにもつながります。

その結果、内臓の働きが格段にUPします。

 

特に肝臓は毒素を分解し、腎臓は毒素をろ過する働きがあります。

3食+間食とひっきりなしに何かを食べていると、食べたもののうち消化、吸収、ろ過しきれないものが脂肪や毒素として体内に残りますが、

ファスティングや断食で固形物をストップすると、肝臓や腎臓の分解やろ過がスムーズに進み、体の器官、組織が活性化します。

その結果、病気、症状を治す自然治癒力が高まることが分かっています。

 

CIAN
これは私の友人の話ですが、2年間不妊に悩んでいた頃に夫婦でファスティングを試したところ、すぐにお子さんを授かったようです。

体の毒素の排出により、妊娠しやすくなったのかもしれませんんね。

 

3.宿便や環境毒を排出する【デトックス効果】

ヨガの考え方では、命はOUT→INだといわれています。

これは何を意味するかというと、まず体内から毒素の排泄をしてから、食べ物を入れろということです。

 

私たちの体は、老廃物が残っている状態で栄養を取っても混乱が生じ、正しい消化と吸収がされません。

残ったものは「宿便」として体内にとどまります。

これが様々な病気の元になってしまうのです。

 

ファスティングは老廃物を排泄します。その最大の働きが「宿便」の排泄です。

長時間おなかに何も入れないことによって、腸が活発に動き、宿便を排泄しだすのです。

 

また、薬や化学製品、添加物このような環境毒といわれる毒素も、ファスティングをすることで尿や便で排泄されることが分かっています。

ファスティングこそが体内の最大のデトックスなのです。

 

 

4.スタミナがつく

ファスティングや断食をしたら力が出なくてフラフラになってしまうのでは?

こう考える人がほとんどかと思われます。

しかし、実際はその逆で、現代人は栄養分をとりすぎているため、ファスティングをすることで効率よく代謝が行われ、頭がさえたりパワーが上がったりとスタミナがつくことが分かっています。

 

5.免疫力が上がり、老化を防ぐ

これまでの説明で、ファスティングやプチ断食を行うことで体の毒素が排出され、自然治癒力が高まることが分かりました。

そのため細胞が本来の働きを取り戻し、免疫力が格段と上がります。

 

ポイント

動物は病気になると、食べない、動かない、寝るというシンプルな方法で治癒をします。

 

人間の体も同様で、水や重湯だけで回復を待つことで本来の免疫力を回復させることができます。

実際にファスティングや断食をすることで以下の3点が確認されています。

①リンパ球の免疫活性が高まる

②免疫細胞の白血球が増える

③副腎の重量が大きくなり、免疫力が強化される

上記より、

✅白髪が減った

✅肌のキメが整った

など、若返りの効果もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

ファスティングやプチ断食のやり方

ファスティングやプチ断食をすると、体にいいこと尽くしなのは、よくわかった。でも、いったいどうやってやればいいの?

そんな疑問にお答えします。

ファスティングやプチ断食には様々なやり方がありますが、ここでは初心者でも安心して取り組めるように、酵素ドリンクを使用したファスティングや、プチ断食の方法を紹介します。

 

ファスティングのやり方

ファスティングは以下3つのステップで行います。

①準備期【1~2日】

②ファスティング【2日~5日】

③回復期【1日~3日】

最短で5日のコースです。

例)準備期 1日 ~ファスティング2日 ~ 回復期 2日

 

①準備期【1~2日】

いきなり絶食状態になると、体に大きな負担をかけることになります。

そのため、準備期といってファスティング前に準備期間を設けることが大切です。

 

期間は最低でも丸1日、じっくり取り組みたいなら3日程度必要です。

 

この期間は、食品添加物や油分などを減らし、野菜や豆類など消化のいい食べ物を増やすなど、和食、粗食を中心に胃腸に負担をかけない食生活を心がけます。

 

腹八分目からスタートして、準備期間を通じて少しずつ食べる量を減らしていきます。最終的に“腹三分目”で食事を終えるようにしましょう。

生理直後から開始すると高い効果が得られやすいです。

準備食:例 朝:サバの煮つけ(半切れ)、味噌汁、ごはん(8分)

      昼:野菜たっぷりコンソメスープ

      夜:大根おろし、澄まし汁

※1日の場合

 

②ファスティング【2~5日】

基本は無添加の酵素ドリンクのみで過ごします

どうしても空腹に耐えられない方は、無添加の野菜ジュースを1日に1杯程度追加してもよいでしょう。

※前述のとおり、ファスティングは体内の毒素を排出するためのものなので、添加物入りの酵素ドリンクで毒素を取り込むのは意に反しています。

酵素ドリンクについては各種ありますが、管理人が実際に試してみて良かった2つを紹介します。

 


芸能人、スポーツ選手も愛用中!「優光泉」酵素ドリンク


「優光泉」は断食道場のノウハウを活かしてファスティングの専門家が開発した、 完全無添加の酵素ドリンクです。

地元九州の野菜を中心に、厳選した国内産60種類の原料を使用している 、まさにファスティング用に作られた酵素ドリンクです。

飲みやすく、産後ダイエット時に4日ファスティングを1年で2回行い、5Kg痩せました。

公式サイトはコチラ

ベルタ酵素

ベルタ酵素は、メジャーなファスティング用酵素ドリンクです。ファスティング以外にも美容目的で飲む方も多いです。

可愛いボトルと、飲みやすいピーチ味が人気の商品です。

「ヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロ」の三大美容成分も入っており、女性に嬉しい人気商品です。

個人的には「優光泉」をおススメしますが、飲みやすさをより重視するならばこちらの方が長続きします。

公式サイトはこちら

③回復期【1~3日】

ファスティング期間は胃腸がほとんど動いていない状態です。

そのため、ファスティング後にいきなり食べたいものを食べると、消化がうまくいかず、腹痛や吐き気につながることも。

 

また、吸収力も格段と上がっているので、いきなり脂っこいものなどを食べるとリバウンドどころか体に老廃物を蓄えることとなり、ファスティングの意味がなくなります。

回復食をきちんとコントロールできない方は、むしろファスティングをしない方がましです。

 

そのため、ファスティング期間を終えたら、胃腸にやさしい回復食でゆっくりと体調を整えるのがベストです。

準備期とは逆に、少しずつ食べる量を増やしていきましょう。

回復食:例 朝:澄まし汁、重湯、

      昼:野菜たっぷりコンソメスープ

      夜:お味噌汁、大根おろし、ごはん(半分)

(1日で回復食をする場合)

時間をかけて回復させるほどファスティングで整えた体内環境をキープしやすいと言われていますが、一般的には1~3日程度でOKです。

 

プチ断食のやり方

プチ断食には色々なやり方があります。今回はメジャーで取り組みやすい、2つの方法をご紹介します。

✅半日断食・・・朝食を抜く。ただそれだけの最も簡単な方法です。そして効果も高いです。できれば、排せつ後には1杯の酵素ドリンクをとることを推奨しています。(酵素ドリンクはファスティングと同じく芸能人、スポーツ選手も愛用中!「優光泉」酵素ドリンクと、ベルタ酵素 がおすすめです。)

✅1日1食・・・タモリさんや福山雅治さんが実行している方法です。若返り効果も得られます。空腹時には酵素ドリンクを飲みます。

上記2つとも期間は何日でもOKです。毎日続けると効果が高いです。

調子の悪い時だけ、コンディションを整える方法でもOKです。

 

 

ファスティングやプチ断食の効果とやり方 まとめ

それではファスティングやプチ断食の効果ややり方についてまとめます。

ファスティングとは?

✅ファスティングとは病気の治癒、健康増進、ダイエットを目的とした断食をすること

✅ファスティングにより胃腸など消化器官を休ませ、それにより、体内のデトックス効果が得られる。

✅ファスティング・・・「準備食~ファスティング~回復食」の期間を含め、5日~10日間のスパンで実施するもの

✅プチ断食・・・「朝食を抜く、一日一食を実行する」など、ファスティングより手軽に始められる断食

ファスティングやプチ断食の効果

✅ダイエット効果

✅体質が変わる【自己治癒力が高まる】

✅宿便や環境毒を排出する【デトックス効果】

✅スタミナがつく

✅免疫力が上がり、老化を防ぐ

ファスティングのやり方

✅ファスティングのやり方

①準備期【1~2日】消化のいいものを食す。直前は腹3分目に。

②ファスティング【2日~5日】基本酵素ドリンクのみで過ごす。

③回復期【1日~3日】消化のいいものを食す。直後は重湯など、固形物はできるだけとらない。

✅プチ断食のやり方

・半日断食・・・朝を抜く。排せつ後に酵素ドリンクがベター

・1日1食・・・1日に1食だけ食べる。空腹時は酵素ドリンクで。

日時は特に決めず毎日取り組んでもOK

【最新版】おすすめの酵素ドリンクランキング【ファスティング初心者向け】

広告

-ダイエット

Copyright© Anti Aiger アンチエイジャー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.