ダイエット

骨盤の歪みはおばさん体型への入り口

骨盤に歪みがあると、どんどんおばさん体系になります。

下腹が出てきたり、下半身がどっしりしてきたり、お尻が大きくなったり、腰痛になったりします。

 

しかし、歪みがある骨盤を直すことで、体型を矯正することが可能です。

 

 

骨盤がずれたらどうなるか

さまざまな悩みの原因の多くは骨盤にあるといいます

 

とくに女性は、贅肉やむくみなどで体のバランスが崩れ、ひどい肩こりや生理痛、肥満などで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

このような体のトラブルも骨盤の歪みが原因のことが少なくありません。

 

骨盤は背骨を中心とする体の骨格を支える一番大事な部分です。

股関節や背骨などは骨盤につながっている部分ですので、骨盤の歪みと無関係ではいられません。

 

しかし、多くの人は骨盤のズレについて認識していないのが事実です。

 

骨盤体操で骨盤のズレを認識する

骨盤体操はYOUTUBEなどでよく紹介されていますね。

骨盤体操のメリットは、体操をすることで血流がよくなり、新陳代謝が向上することによって、体の中に溜め込まれていた脂肪がスムーズに燃えるようになるというものです。

 

骨盤の体操は多種多様なものがあります。

手軽にできるおすすめの骨盤体操が、腰をぐるっと回すというものです。

 

では、今やってみてください。

右回りと左回りでそれぞれやってみてください。

 

どうでしたか?回しにくい方はなかったですか?

 

もしあったなら、あなたの骨盤はかなりずれています。

その場合は、骨盤体操に加え、骨盤矯正アイテムも使用して早急に対策を売った方が良いでしょう。

 

骨盤を戻す方法とメリット

骨盤が収まるべき場所に収まると、内臓の機能も改善されて、基礎代謝が高くなり、エネルギーがつくりやすくなります。

 

腰回し体操をするときには、まず正しい姿勢で立ちましょう。

体をリラックスさせて余計な力は入れずに背筋を伸ばします。

骨盤のあたりを意識しながら腰の筋肉をほぐし、膝も動かしましょう。

腰を使って体で丸を書くようにして体を動かします。

 

さて、ここまで読んで、「難しい」と感じませんでしたか?

そうです。常に骨盤を正しい位置に保つことは、自力ではほぼ不可能です。

 

ではどうすれば良いかというと、強制的に骨盤を正しい場所に保つアイテムをつかうと良いです。

 

骨盤矯正ショーツやガードルを使う

骨盤ショーツやガードルは、骨盤を正しい位置に固定する働きがあります。

 

これを履いているだけで、変な姿勢をとりにくくなります。

変な姿勢をとろうとすると、苦しくなるからです。

 

骨盤ショーツや骨盤ガードルは履くだけなので、オフィスワークや家事をしている間、また骨盤体操をしている時も正しい位置に骨盤が収まっているので効率よく腰の筋肉を動かすことができます。

 

ヒロミさん考案の、「骨盤ウォーカーベルト」 も強力に骨盤を引き締めることができると人気ですね。

TVショッピングでも売っていますが、「こちら」 からお得に購入できます。

 

骨盤体操を続ける

なかなか痩せる運動に時間が費やせないという人でも、腰回し体操なら続けていけるでしょう。

下っ腹が前に迫り出してきて、ウエストが太くなったように見えてきたら、歯磨きをしながら、TVを見ながらウエストを回しましょう。

ウエストのふくらみ具合など、服でごまかしておけばどうにでもなるという、甘い考えを抱いている人も少なくないようですがウエストの皮下脂肪は、体の線が出ない服程度では、隠しきれるものではありません。

 

フラフープも骨盤体操の一環で取り入れると良いでしょう。(結構場所をとりますが)。

 

 

まとめ

まず、骨盤のズレを自ら認識するべきです。

そして、少しでも腰回しで左右差を感じたなら、骨盤ベルトや骨盤ショーツを取り入れて、おばさん体型になるのを防ぎましょう。

 

今すでにおばさん体型になっているとしたら、骨盤ベルトでかなり矯正されますので、一度試してみると良いですね。

✅ヒロミさん考案

「骨盤ウォーカーベルト」

 

骨盤ガードルの詳細記事はこちら

広告

-ダイエット

Copyright© Anti Aiger アンチエイジャー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.