ダイエット

【超簡単】通販でダイエット機器が飛ぶように売れる理由

通販のダイエット商品は必ず飛ぶように売れていきます。

最近ではネット注文も可能なため、若者はインターネットで、ネットに苦手意識のある中高年はフリーダイヤルで購入をするようになりました。

通販は時代によってインフラは変わって行きますが、今も昔も人気の商品を手軽に購入できるツールです。

 

そりゃ売れる。通販はもともとカタログ販売

通販の原点はカタログ販売でした。

カタログによる通販は19世紀アメリカで、農業に従事する人を対象に行われていた商業形態のようです。

 

19世紀の末にはシアーズ等の大手カタログ販売業者が設立されました。

現在の通信販売の基礎となるカタログ販売がアメリカ本土で本格的に広まったそうです。

 

アメリカのトウモロコシが日本で通販の形で販売された1876年から約100年後の1970年代、テレビやラジオでの通信販売番組が盛んに作られ、日本での利用者数も増えました。

 

配達システムが整ったこと、インターネットの利用者が増えたことから、その後も通販はどんどん広まっています。

CIAN
本形式のカタログは今でも残っているから、年代が上の人はよく使うね。

若者はカタログのQRコードを読んでさっと注文できるから、欲しい時にどっちでも売れて全然余裕です。

 

 

当たり前:ダイエットは先進国で必ず流行る

18世紀末のアメリカで豪華な食事が特権階級だけの特徴ではなくなり、中流以下の人達も食事の不自由がなくなった頃に「ダイエット」という概念ができました。

 

高カロリー食による肥満体型が増えたことから、アメリカではダイエットが流行として広まったのです。

ダイエットブームに乗るようにダイエットの器具や食品を扱う企業が増え、肥満に対する否定的な意見も定着します。

肥満体型はいいものではないという考え方が1890年代のアメリカではごく一般的になり、消費に対して否定的な見解を唱えることも第一次大戦中に広まりました。

肥満は社会からの批判対象となりダイエットへの脅迫観念が人々に浸透したそうです。

 

アメリカの医療保険は日本と異なり任意なので、保険に入っていない人はできるだけ病院に行かないようにします。

そのため、ダイエットのみならずサプリメントで栄養面や健康面の通販を利用し、医療費を減らそうとするのです。

 

日本でも、食の欧米化により、肥満や食生活が原因の病気が増えました。

その代表的なものが癌、糖尿病、高血圧です。

 

 

そこで、なんとか通販のサプリや健康用品で体調を改善しようとするのです。

CMやTVショッピングでは、不安を煽る内容で視聴者の購買意欲を掻き立てます。

 

CIAN
先進国で働き詰めの日本人は、「超健康体」の人少ないので不安になりますよね

 

高齢化社会ではダイエットと健康系商品が欠かせない

日本でも、「セサミ○」や、青汁などの健康食品は通販で特段人気です。

その他、更年期に効くサプリなども人気です。

そして揺るがない人気なのが、腹筋ベルトや懸垂マシーンなどのダイエット商品です。

 

これらの商品が人気なのは、やはり高齢化に伴い傾向を維持したいという高齢者、また普段忙しくてジムに通えない社会人、人に知られず簡単に購入できるのでやはり人気ですね。

 

CIAN
私も、ついつい通販で腹筋ベルトや脱毛器を買いましたよ!意外と今でも重宝しています。

 

通販で買うときはよく見極めよう

最近では通販で手に入らないものはありません。

しかし一方で、通販業界に誰でも参入しやすくなったので「偽物や粗悪品」などが出回っており、商品の質は玉石混合であることも事実。

購入する前には、信頼できるサイトから事前に口コミやレビュー、メリットデメリットを確認して購入するべきですね。

 

最近では特に人気の脱毛機器の偽物サイトが多くでているようです。

必ず公式サイトから買うようにしましょう。

 

※ちなみに当ブログではもちろん、全ての記事で公式サイトのご紹介しかしていません。

証拠▼▼

【脱毛器】脱毛ラボホームエディションの効果や口コミ【自宅でVIO】

 

 

 

 

広告

-ダイエット

Copyright© Anti Aiger アンチエイジャー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.